とんがった車(クルマ)に乗っている女性のためのカーライフ情報サイト

とんがりガールズ

トップページガールズファイル > なおさん トヨタ・スープラ(JZA80)
ガールズファイル
70スープラとの出会いが
わたしをスープラ党に
しちゃいました(笑)

70スープラからはじまり、80スープラを4台乗り継いできたなおさんは完全スープラ党(笑)
でも免許証を取得した頃は特別にクルマが好きではなかったそう。

―クルマが好きになったきっかけは?

「18歳で免許は取得したけど、クルマは単なる足としか思っていなかったので、移動手段のひとつとしてクルマを買おうと思っていたんですよね。ごくフツーに(笑) でも、父親とクルマを選びに行った先でたまたま中古で黒の70スープラを見かけたんです。見たときは名前さえ知らなかったんですけど、ホントに見た目だけで“わたし、これを買う!!”って(笑)」

―スープラとの出会いがきっかけだったんですね〜(笑)

「納車されてからは時間があると、夜のドライブを楽しんでいました。スポーツドライビングが楽しくて楽しくて。とくにコーナリング(笑)」

―いまの愛車を選んだ理由は?

「初めてあのクルマを見つけたのはダンナさんで、“●●店に赤いスープラがあったよ”と聞き、さっそく見に行ってみたんです。完全に仕上がっているいわゆるチューニングカーだったんですけど(笑)、やっぱり見たときにまたココロが動いてしまいました。赤いスポーツカーってあこがれでしたから」

―迷いはまったくなし?

「うーん、少し悩んだのは赤のボディ。赤いスポーツカーはあこがれですけど、真っ赤なボディはわたしには派手じゃないかなって・・・(笑) でも70スープラを発見したときのような気持ちが、また強く甦ってきたんですよね。チューニングカーに関しては、2台目の80スープラのときから経験済みでしたので、免疫は充分にありましたから(笑)」

―クルマを買うときの予算はどのくらいで考えていますか?

「いつも気に入ったクルマを買うので予算は考えていないかも。ローンを組んでしっかり働けばいい!みたいな(笑) いまの80は360万円。わたしにとっては過去最高のお買い物です(笑)」

―好きなドライブスポットは?

「夜景をよく見に出かけています。本当にドライブが好き。昼間ならクルマでカフェを巡るのも好きですね」

―今後もスポーツカーに乗りたいですか?

「乗れない時期が訪れたとしても絶対に戻ると思う。死ぬまで乗り続けたいです」

―わたしにはスポーツカーは無理と思っている女性にひとことアドバイスを・・・

「ふつうに走る分にはどのクルマも同じ。乗りたい気持ちがあるなら乗ったほうがいいと思いますね。1度きりの人生だし、かといって、そんなに大げさな選択ではなくて気負わずに。スポーツカーに乗ったからといって行き場所が限られるわけじゃない。ふだんの日常もぜんぜん大丈夫

―最後に、魅力を感じる男性ドライバーってどんな人?

「運転中に周囲の交通事情にイライラしたり、ハンドルを握ったら性格が変わる人は苦手。逆にゆずり合う気持ちがある人はいいなって思います。余裕をもって運転できる人はステキですよね」

 
クルマだけでなく、ネイルもオシャレも大好きななおさん。
そして十八番はなんとDIY! 日曜大工が得意。
3台目のスープラはひとつ、ひとつ、ゆっくりとていねいにチューニングをしたそう。
「愛情をたっぷり注いだクルマだったので、 壊れて手ばなさなくてはいけなくなったときは悲しかったですね」
魅力的に感じる女性ドライバーは?の問いに「自然体で乗っている人。わたしもそう見られるように努力中です(笑)」となおさん。

とんがりガールズ編集部より
18歳で70スープラと出会い、その後はシルバーの80スープラ、白の80スープラと乗り、真っ赤な80スープラが現愛車。なおさんの思い出を振り返るといつも側にスープラがあるとか。これからもなお流のスープラとの物語をつづっていってほしいですね。