とんがった車(クルマ)に乗っている女性のためのカーライフ情報サイト

とんがりガールズ

トップページガールズファイル >岩井洋子 TOYOTA86
ガールズファイル

クルマは走る芸術!
イケメン=86との出会いは
運命を感じます

・普段のクルマの用途

「クルマ以外の交通の便がよくないのでクルマが無いと不便なんです。買物、スーパーに行ったり、習い事に行くなどふだんの生活で使っています」

・クルマが好きになったきっかけ

「そもそもは誰かのクルマをいつもあてにしていました。きっかけは11年前。主人が亡くなったときです。もう、誰かのクルマをあてにするのを辞めようと思い、67歳にして一念発起しクルマの免許を取得しました。それまで家事や子育てに追われていて自分の時間が無かったんですよね。免許を取得してから世界が広がりました。行動範囲も広がって自由を得ることが出来ました」

・クルマ遍歴

「はじめてのクルマも2台目のクルマもアリオン。でも息子夫婦には内緒にしていたけれど、スポーツカーに乗りたかったんです。わたしの人生で1度でいいから真っ赤なスポーツカーに乗ってみたいという思いがずっとありました。やっぱりスポーツカーはかっこいいし、アクティブしょ?(笑)」

・86を選んだ理由は?

「86が出たときにディーラーのかたがパンフレットをもって見せにきてくれたんです。まずデザインに一目ぼれしました。さらに担当のかたが熱意をもって説明してくれたことも後押しして、試乗もせずに契約しました(笑) 納車されてはじめてのご対面のときは“イケメン”と出会ったような感じでしたね。エンジンサウンドも気に入っています。わたしは秋田県出身で、自分の父親がポンポン船に乗っていたんだけども、その音がすごく好きでした。もしかしたら小さいころからエンジン音に癒される環境で育ったことも影響しているのかもしれませんね(笑) 86には運命的な出会いを感じています」

・周囲の反応は?

「周りの同年代は免許を返してしまう年齢・・・。その時期に免許を取得してスポーツカーまで購入したので周囲からは変わり者扱いです。周囲はみんなクルマを生活の足としか考えていません。それはとても寂しく悲しいこと。クルマは走る芸術だと思うし、クルマでもっともっと人生を楽しんで欲しい」

・車内の香り

「いまは新車の香りを楽しんでいます(笑) 新車の匂いがしなくなったら、バラやラベンダーの香りが好きなので、いろいろと車内の香りも楽しみたいですね」

・クルマとは?

「人生最後の華―――でしょうか。あの世に行くときに好きなクルマで、86に乗って行きたいから(笑) それに夢もある。孫がホイールメーカーでデザインを担当しているんですよね。来年発売されたら孫がデザインしたホイールを履いて、TOYOタイヤターンパイクで走るのが夢。カラダは衰えていくのは仕方がないことだけど、気持ちの上で若さを保つことは自分次第でいくらでもできる。だからスポーツカーは、86は、わたしにとって元気の源ですね」

 
月曜日はソシアルダンス、火、木曜日は水泳、金曜日は午前中に卓球、午後にフラダンス。水泳暦は20年、フラダンス暦は6年、卓球暦は4年。水曜日はお友だちとティータイムと、1週間のスケジュールはみっちり。
好きなドライブコースはダム周辺。
「信号が無くクルマが少ないからわたし向き。
ドライブはストレス発散に最適。
街中では、迷惑がかからないように気をつけています」
「80歳までにスポーツカーに乗りたかったんです。
夢がまたひとつ、叶いました」。
グレードはGT/6AT。

とんがりガールズ編集部より

洋子さんとお話ししているといつの間にかパワーチャージされてしまう。
明るい笑顔と話題豊富なガールズトークに、女性はみな引き寄せられてしまいます。

免許を取得して念願のスポーツカーのオーナーになって、
洋子さんのこれからの人生はますます活気あふれる日々。
次回のガールズトークも今から楽しみです!